センターブログ - natsumeaさんのエントリ

本日、ちびっ子科学スクール「ジャガイモ電池を作ろう」を開催しました。
西尾市ちびっ子科学スクール講師の野口先生指導のもと、ジャガイモなどの身近な食べ物を使って発電の実験をしました。
 
亜鉛と銅の板に、デジタル時計から出ている2本のリード線をしっかりと巻き付け、テープで固定しました。 その板をジャガイモに刺してみて、果たして「デジタル時計が動くか=発電しているか」を調べました。
「本当に電気なんて起こるのかな?」会場はそんな声が聞こえてきそうな雰囲気でしたが、デジタル時計に数字が表示されるとわっと歓声が上がっていました。
ミニトマトやゼリーなどでも実験を行い、電気が起こる仕組みを学び、科学実験の楽しさにふれていただきました。
 
ちなみに、実験後の食べ物は有害なので食べてはいけないそうです。
参加したみなさんはその点に注意して、ぜひお家でもいろんな物を使って実験してみてください(^▽^)/
 
 
 

毎年夏休みに開催している小学生3〜6年生を対象とした人気の講座で、今年は7月20日(土)〜7月28日(日)、全6回にわたって開催しました。

初めて参加する方や遊び程度にしか経験のない参加者も、様々なトレーニングによって少しずつ技術を身につけることができました。
講師の先生からの丁寧なアドバイスを受けながら熱心に練習に打ち込み、最終日に行ったダブルスの試合では、それまでに学んだ成果を存分に発揮していました。

「面白かった」「サービスが当たりやすくなってうれしかった」「いろいろな技がうまくなった」などの感想をいただきました。多くの方に上達を感じていただけたようです。
この講座をきっかけに、今後もぜひバドミントンを楽しんでください!

 
 

 夏休み中の小学生が対象の大人気講座で、今年は低学年の部と高学年の部に分けて開催しました。参加した30人が725日・26日の2日間、ポスター作りのコツを学びました。

まずは描きたいテーマに沿ってイメージを固め、下絵作りをしました。講師の先生からポスターに適した絵や文字の入れ方などのポイントを教わりながら、少しずつ丁寧に描き進めました。

その後、下絵ができた人から色を塗っていきました。色の選び方や水の使い方などの細かいアドバイスを受け、それぞれ色鮮やかな作品に仕上げました。

今回の講座で学んだことを、これから絵を描くときにぜひ活用してみてください! 

 

 

 四季の行事教室は『レディースレクわたぼうし』による季節の行事を基にした企画を楽しむ催しで、6月29日(土)は七夕にちなんだ工作やゲームを行いました。
 まずは、願い事を書いた短冊や折り紙で作った貝などを笹に結び、それぞれ自分だけの「ミニ笹飾り」を作りました。
 その後、4つのチームに分かれてゲームを行いました。部屋の照明を暗くして天の川に見立てた布の上に置かれた織姫や彦星のカードなどを釣り上げる「天の川で夜釣り」です。ブラックライトでキラキラと光る天の川を前に、大人も子どもも一緒に盛り上がりました。
 パネルシアターによる「おりひめとひこぼし」のお話など盛りだくさんの内容で、一足早く七夕の気分を味わっていただきました。
 
 
 
  四季の行事教室は、春夏秋冬の代表的な行事を基にした遊びや歌などを親子で楽しめる催しで、女性レクリエーション団体「わたぼうし」企画によるものです。3月3日(日)は、女の子たちの健やかな成長を願い、「ひなまつりのつどい」を開催しました。
 はじめに「小さなひな壇」を親子で協力して作りました。いろいろな紙を工夫して使い、とてもかわいいひな人形ができました。子どもたちが描いたおひな様の顔は、どの顔も嬉しそうに笑っていました。
 そのあと、「グー・チョキ・パーの手遊び」や、ひなまつりトランプを使った「ババ抜き」をしました。ひなまつりトランプは手製のもので、ひなまつりの気分をさらに盛り上げてくれました。
 「ひなまつり着せ替えゲーム」では、参加した子どもたち全員がかわいいおひな様になりました。はじめは恥ずかしそうにしていた子も、衣装を着せてもらい、冠などを身につけるととても嬉しそうにしていました。
 紙芝居「ひなにんぎょうのむかし」を見たあと、最後に「うれしいひなまつり」をみんなで歌いました。会場は明るく楽しい雰囲気となり、一足先に春爛漫という感じになりました。

 
 
 
12月22日(土)から12月27日(日)の間、小学生を対象とした卓球講座(全4回)を開催しました。
講師の打ったボールを次々と打ち返す練習や、ラリーを長く続けられるように工夫して打ち返す練習などを繰り返し行い、初心者でもラケットとボールの扱いに慣れて日に日に上達していました。
みなさん練習中はもちろん球拾いも楽しそうにやっていて、休憩中にも参加者同士で打ち合うなど、非常に熱心に取り組んでいました。

   
12月15日(土)の午前に開催したミニ門松づくりでは、竹をのこぎりで切ったり、板に釘を打ったり、普段なかなかやることのない作業に苦労されていましたが、みなさん楽しみながら作っていました。
 
   


午後に開催したしめ縄づくりでは、床に敷いたビニールシートに座り、足も使って藁をより合わせるという難しい作業にみなさん悪戦苦闘されていましたが、講師の方の手助けもあり、立派なしめ縄を完成させていました。

   
 12月9日(日)、レディースレク「わたぼうし」によるクリスマスにちなんだゲームや工作などを家族で楽しむイベントを開催しました。
プラスチックのコップを使ったベルのオーナメントを工作したり、子どもも大人も楽しめるゲームで会場は大いに盛り上がりました。
 
次回の四季の行事教室は来年3月3日(日)開催「ひなまつりのつどい」です。お楽しみに!

   

防災体験講座を開催しました。

カテゴリ : 
事業報告
執筆 : 
natsumea 2018-12-24 14:36
12月8日(土)、展示や体験講座などで防災を学ぶイベントを開催しました。
間仕切りや防災グッズの展示、AEDの使い方や起震車の体験、そして豊橋市防災危機管理課の職員による近年起きた水害の講話などがあり、災害について改めて考える機会にしていただきました。


   

いざという時に自分の身を守る術を学んでもらうため、11月4日(日)と11月11日(日)の2回にわたって護身術の講座を開催しました。
手や腕を掴まれたときに振りほどく方法や、殴られそうになったときの防ぎ方など、強い力を使わなくとも簡単に身を守る技を教えていただきました。
少林寺拳法の基本も教えていただき、みなさん楽しみながら体を動かしていました。